英語の試験がある資格について

語学を学ぶと言うこと。英語を学ぶことで、考え方もわかる。

「語学はその文化を表す」このような言葉をどこかで目にしたことがあります。
確かに、話し方というか、文の解釈の仕方というか、日本人とはだいぶ異なる捉え方をする外国人は多いと思います。
そのため、ただ直訳するだけでは意味が分からず、解釈に戸惑うこともあり、そのあたりが語学を勉強する上での障壁となっているような気もします。


日本人にとって、最も馴染みのある外国語は英語だと思いますが、その英語でさえ解釈に困ることもあります。
だいたい、英語を話す人というのは、すごくユーモアに溢れていますよね。なんでもないことを、皮肉を交えたり、少し解釈を変えて言うことで、笑いを誘うような言い方をする。どんな時でも、人を楽しませたいという気持ちから、そのように考えているのではないかと思いますが。その点、日本人は、素直にというか、感じたままを言葉にするような気がします。
それは効率のいい方法なのかもしれませんが、面白みに欠けるような気もします。
日本人の国民性を表しているような気もします。


せっかく公教育でも英語が科目として設けられているのだから、もっとユーモアのある授業を展開してもいいのはないかと思います。
語学を学ぶことで、その国の考え方も学ぶことができるのであれば、それは生徒にとってもいいことだと思います。
先生には、ただ教科書を読むだけではなく、それをいかに伝えることができるか、ということも、教えかたのうちに入るのではないかと思います。


Copyright(c) 2018 英語の試験がある資格について All Rights Reserved.